お問合せ

社員紹介

仕事のリアルから、将来の夢まで。
様々な社員がサンフジ企画を語ります。

  • 本社 担当

    2017年入社S・I

    学生時代にアルバイトをしていた居酒屋の常連客がサンフジ企画の方で、話をするうちに興味がわき入社したい気持ちになりました。
    仕事はまだまだ覚えることがたくさんあり、一人前ではありませんが、人との縁やつながりがいろいろな所に活かされていくのを感じています。
    今はまだ大きな成果をあげることは出来ていないものの、新規展示場の土地探しで何度も土地オーナー様の所へ訪問し、最初は話しを聞いていただけない事がほとんどでしたが初めて自分の話しを聞いていただけた時はとてもうれしく、人との縁に仕事のやりがいを感じています。
    展示場運営のノウハウも大事ですが、それ以上に様々なことに興味を持って広く浅い知識を吸収していくことも必要だと思います。

  • 東関東支社 主事

    2011年入社H・U

    展示場を開設するうえで一番大切なことは土地探しです。土地所有者は個人の場合もあれば法人の場合もありますが、どのケースでも土地を借りる承諾を得るのは大変です。
    土地所有者と住宅メーカーとの間を取りもちながら1年以上の時間をかけて展示場オープンに向けた準備をしていきます。
    思うように進まないことも多く、本当に決められた日にオープンできるのか不安になったりもしますが、徐々に出来上がっていく展示場にワクワクし、オープン前日はなかなか寝付けずに当日の朝も早めに会場に行って準備を始めるほどでした。
    オープン後に「良い展示場になったね」と言われたときは、それまでの苦労が吹き飛ぶほど嬉しく、展示場開設の仕事に携われて本当に良かったと心から思える瞬間です。

  • 本社営業開発本部 リーダー

    2001年入社Y・K

    「ランドマーケティング&プロデュース」の言葉に惹かれて入社したのがきっかけです。 業務は各エリアごとにチーム制で、既存会場の運営と新規開発を行います。一番の魅力は新規会場の開発であり、各エリアで目標を決めて土地探しから始めます。
    土地所有者に突然訪問するので、最初は相手にしてくれません。土地を借りる承諾を得るためには、定期的に訪問して徐々に土地の状況などを教えていただき、具体的な話へと進めていきます。何度訪問しても会えず、人伝いに聞き回り、山奥まで探しに行ったこともあります。大切な土地を貸していただく同意を得て、新規会場がオープンした時には格別の思いが生じます。
    自分がやりたい事をチャレンジさせてくれる会社なので、好奇心や向上心を持ってぜひ飛び込んできて欲しいですね。